ニュースキュレーション

カトリック総本山のバチカン(ローマ法王庁)で教義問題を担当する教理省に勤める高官が10月3日、同性愛者であることを告白した。ローマ・カトリック教会は、同性愛を自然に反する罪深い行為としている。タブー視する同性愛をめぐって、バチカンで4日から始まる世界代表司教会議でも同性愛をどう扱うか大論争となりそうだ。朝日新聞などが報じた。 同性愛を告白したのは、ポーランド人のハラムサ神父。3日、ローマでパ...

古くからある宗教の保守派は大変だよね。古代の道徳倫理と大きく乖離してる現代に無理やり論理を合わせる必要があるんだから。無理ゲーだよな