ニュースキュレーション

虫歯の原因となる「ミュータンス菌」が、脳内で炎症を引き起こす「脳出血」の発症にも関与していることを国立循環器病研究センターや大阪大学などの共同チームが突き止めた。全脳卒中の約2割を占める「脳出血」は、比較的発症年齢が若く、塩分過多の食生活や高血圧、糖尿病など生活習慣病の持病があると発症しやすいと指摘されている。その一方で、虫歯や歯周病などの口腔内の病気の原因菌が血管内に侵入すると、脳や心臓など全身

どんどんでてくる