ニュースキュレーション

セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼CEO(83)が4月7日、決算説明会の席上で「引退を決意した」と述べ、役職から退く意向を発表した。辞任の理由については、自らの意向を反映した子会社の社長交代案が「取締役会で否決された責任をとるため」と述べた。 人事案は、子会社のコンビニ最大手セブン―イレブン・ジャパンの井阪隆一社長(58)を退任をさせるという内容。鈴木氏は「井阪社長はCOO(最高...

まあいい機会だったんじゃないの。