ニュースキュレーション

テック IPO が少なかった2016年を後に、2017年は世界的に IPO 市場を明るくするよい始まりを迎えつつある。Snapchat はバリュエーション250億ドルという新記録を成し遂げることが期待され、成長株スタートアップの多くの顔ぶれが後に続いている。 市場の見通しが高まるにつれ、中国のハイテク企業も投資家の心を取り戻しつつある。今年の中国からの IPO 候補者のリストをお届けする。 Ant Financial(螞蟻金融) 中国で最も人気のあるモバイル決済ツール Alipay(支付宝)など金融サービスのオペレータである Ant Financial(螞蟻金融)は、2014年9月の IPO を控えた Alibaba からスピンアウトし、2014年12月に設立された。 Ant Financial はeコマース巨人である Alibaba からの最も評価額の高かったスピンオフ企業で、同社は600億ドルのバリュエーションで、45億ドルの資金調達ラウンドを完了している。 Ant Financial は長年にわたり IPO する企業として噂されてきたが、同社はビジネス成長とユーザ獲得に注力しており、IPO には急いでいないようだ。しかし2017年、特に2017年後半が確実にそれが現実となるようだ。 IPO への準備にあたり、Ant Financial は昨年、トップ経営陣の顔ぶれを入れ替えている。同社は中国本土と香港の両方で IPO することになりそうだ。 Kuaishou(快手) Kuaishou(快手)は中国国外のユーザにはあまり知られていないかもしれないが、30億ドルの売上を上げる動画や写真の編集共有アプリで、中国の中でも特に下級都市や地方で人気がある。中国の動画や写真共有のブームに火をつける存在だ。 このアプリは、中国市場の二大モバイルアプリである、Weibo(微博)や WeChat(微信)によるトラフィック消費の押し上げも手伝う形で、昨年初めから最初の盛り上がりを見せている。 現在、Kuaishou には4億人以上の登録ユーザがいるとされる。TechCrunch が引用した情報源によれば、Kuaishou は月間アクティブユーザ1億人に対し、1日のアクティブユーザが4,000万人とされる。TechCrunch によれば、Kauishou

こういう会社が流行るんだねー