ニュースキュレーション

中国深圳市で、スマートフォンで呼べるライドシェアバスの試験運行が始まっている。バス停であれば、どこからでも呼ぶことができ、目的のバス停まで直行してくれる。路線は乗客の需要に応じて自動計算される。乗客からも地下鉄よりも便利だと評判になり、試験区域を深圳市全域に広げる予定だと雪花新聞が報じた。 バス停で呼べば5分でやってくるライドシェアバス 深圳市でライドシェアバスU+BUSの試験運行が始まって...

これすげーなー