ホリエモンおすすめ

Eye-Fi mobi

先週、デジカメの紹介時のついでに紹介をしたEye-Fi。このデジガジェを使用している人が少ないので詳しく紹介をしてみたいと思う。一般的なスナップ写真を撮るのであればスマホでも十分だが、ハイクオリティの写真を撮影するのであれば、やはりレンズやCMOSセンサーのレベルの高いコンパクトデジカメや一眼レフデジカメを使ったほうがイイのは周知の事実だろう。私もグルメサイト用の写真撮影には、専用のコンパクトデジカメを使っている。しかし、撮影した写真を送ったりSNSなどにアップするためには、カメラからデータカードを抜き出し、PCに転送しなければならない。これはかなりの手間だ。

デジカメによっては本体にWi-Fi機能を備え、PCやSNSなどに直接写真を転送できる機種もあるが、使い勝手がイマイチな物が多い。そういった場面で便利なのがEye-Fiだ。Eye-Fiは、Wi-Fi機能を備えたSDカードなのだが、こいつをデジタルカメラのSDカードスロットに入れ電源を入れると、撮影した(カードに保存されてる)写真がスマートフォンアプリにWi-Fi経由で飛ばせるというスグレモノ。以前はWi-Fiの通信速度が遅かったり不安定だったりしたのだが、現状はかなり改善している。カードへ書き込み速度もClass10なので、デジカメで高解像度の撮影にも対応している。使い方も超簡単。

カメラの電源ONの状態で、スマホからWi-Fiで接続しアプリをダウンロード。その後、アプリ上でカードのパッケージに付属の10桁コードを入力するだけ。すると、自動的にカメラからスマホの写真フォルダに転送されてくる。スマホやタブレット以外、例えばオンラインストレージやPCなどに転送するためには、『Mobi』の上位機種にあたる『Pro X2』を選択する必要があるが、Mobiでスマホに写真を転送できさえすれば、スマホ上からオンラインストレージに写真をアップすることでPCと共有もできる。あえてPro X2を選択する理由があるとすれば、撮影時の場所を記録するジオタグを転送デキるということくらい。まぁ、この場合はカメラ側にGPSがついていないと意味がないけどね……。