ホリエモンおすすめ

Zaif

ビットコインが世間を賑わして久しい。ビットコインの詳しい説明は必要ないと思うが、一般的には怪しいとか危ないものだとかいう印象だろう。だが、そんなことはないと感じている。正直、私も最初は気持ちが悪いので調べたのだが、その理論は納得できるものだったからだ。例えば、ビットコインを利用するには鍵のペアが必要になるのだが、その鍵の数は理論上では宇宙にある素粒子と同じくらいの数があることになる。これは現実的に鍵を見つけ出すことはできないということを意味している。なので、問題があるとすれば取引所を運営するサイトのセキュリティなどだろう。つまり、安全な取引さえ行えればビットコイン自体は有望な仮想通貨となり得る。そこで7月の頭に私がアドバイザーとなり立ち上げたのが『zaif』である。

https://zaif.jp

一言で言えば、ビットコインのウォレットサービスだ。開発のコンセプトは「スマートフォンから誰でも簡単に使える」。誰でも簡単にビットコインアカウントを開設でき、スマートフォンから簡単にビットコインの送受金が行える無料のサービスで、現在はビットコイン同士の送金しかできないが今後は現実通貨との取引機能などを実装していく予定である。モノというのは、多くの人が価値があると感じれば通貨と同じだ。金や銀などの鉱物もそれだろう。ビットコインの流通量が増え多くの人が使用するようになれば、ビットコインに信用が生まれ価値を持つことになり、通貨のように使えるようになる。現在はその過渡期にあたるのだが、すでに世界ではECサイトや旅行サイトなどでビットコインでの支払いが可能にもなってきている。通貨の本質を考えれば、ビットコインの未来がどうなるかは予測できるだろう。そして近い未来、ビットコインが仮想通貨として普及した際に、zaifがその語源である「財布’(第2の財布)」として活躍する日が来るであろうと感じている。