ホリエモンおすすめ

Miracast/DLNA対応 HDMI接続ワイヤレスディスプレイアダプター

最近のApple製品に実装されている「Air Play」。iPhoneやiPad内の動画や写真、音楽を同一ネットワークを通して転送するApple独自の規格なのだが、この規格に対応する製品で代表的なところでいうと『Apple TV』だろう。Apple TVとモニターをHDMIで接続すればiPhoneやiPad、iTunesの画面や音源をモニターから出力できるようになる。最近ではアップル以外のメーカーからもAir Playに対応したスピーカーなんかも発売されていて、非常に便利だそうだ。
しかしAirPlayに対応する機器が、同じネットワークに接続されてないと利用できないという弱点もある。データの流れをわかりやすく書くと「iPhone→ルーター(ネットワーク)→AppleTV→テレビ」という順番。つまり、Bluetoothのような機器と機器との直接通信ではないので、出先で急にiPadでプレゼンとなったとき、その画面をモニターに表示させることは難しい。しかも、AirPlay環境下であっても、Apple製品はデータの送り主にはなれるが、受け取り主にはなれない。つまり、プレゼン相手にiPadを渡し、iPhoneの画面をミラーリングして見せることはできない。

と、思っていたところ、これを解消する面白い商品を見つけた。Bluetoothのような1対1の無線通信によるディスプレイ伝送技術である「Miracast」に対応したHDMI接続ワイヤレスディスプレイアダプター『GEANEE HD-01』だ。Miracastは、Android4.2以降に対応している規格。なので、USBメモリのようなHD-01本体を大画面モニターのHDMIに挿し、USB給電をするだけで、Androidスマホをモニターにミラーリングできることになる。。

「それだとApple製品では使えない」と思った人もいるだろうが、このHD-01はAirPlayと同じく、同一ネットワーク内でデータのやり取りが可能な規格「DLNA」にも対応している。そもそものApple製品にDLNAは対応していないが、その部分はアプリで補完することができ、同一ネットワーク内であればiPhoneの画面だってモニターに表示できてしまうし、iPadにだって表示できてしまう。まあ、DLNAだと多少微妙なところもあるかもしれないが、Miracastであればかなり使える感じ。小型なので持ち運びも楽だし、スマホ画面からプレゼンしたいときにかなり便利なので、ぜひお試しあれ。