ホリエモンおすすめ

『ガンダムを創った男たち』著:大和田秀樹

『機動戦士ガンダム』は、私が小学校低学年の頃に流行りはじめたアニメだ。当時の熱狂ぶりはものスゴかった(私が見たのは再放送からだが)。ガンプラが売れに売れた。私も御多分にもれず購入した覚えがある。プラモデル屋はガンプラにはじまりガンプラに終わるというくらい、その時代に記録的な売上をあげて、その後しぼんで廃業するところもあったようだ。

そのムーブメントを、最初の放送時の視聴率が取れなかった時代から全国的な大ブームになり続編が現在に至るまで、ずっと作り続けられている様子を余すところなく描いた作品が、この漫画である。

完全なノンフィクションではなく、登場人物はデフォルメされたり極端に描かれていたりするが、当時の熱狂をより効果的に伝えていると言えるだろう。新世紀のアニメらしく、ディテールにもこだわっている。無重力の状態で、例えばホワイトベースの艦内を動き回るのに、手すりをつけてそれをガイドにして動き回る感じの描写などが良い例だ。監督の富野さんのスピンオフ漫画も収録されていてそれも面白い。