ホリエモンおすすめ

LG スマートフォン連動プリンター 『Pocket Photo PD239』

写真撮影をスマホでするのが一般的となってからというもの、写真をプリントアウトすることは滅多にないものだが、たまに印刷したい写真なんかがあったりするもの。ということで、今回は写真を印刷するためのプリンター『Pocket Photo』を紹介してみようと思う。


「いまさらプリンター?」と思われるかもだが、こいつが思った以上に優秀。スマホとBluetooth接続して、あとはダウンロードした専用アプリから写真を選択、印刷ボタンを押すだけ。すると、画像が転送されてフルカラーの写真が出力される。出力の時間も写真1枚で1分程度と短めだ。と、ここまでは意外と普通。何が良いかというと、まずインクが必要ないこと。専用の用紙を使うのだが、この用紙がフルカラーに対応したインクレス感熱シートになっていて、光沢のある普通の写真を一枚あたり50円以下で印刷できる。(30枚で1300円もしないくらい)。さすがに業務用プリンターには敵わないレベルではあるが、フチ無し印刷もできるし必要十分なレベルだ。さらにこのプリンターはバッテリー内臓なので出先でも使える。サイズはスマホより一周り大きくて厚みもある感じだが、プリンターとしては十分にコンパクトだし、重さも221gなので持ち運べる。フル充電だと30枚くらい印刷できるというのもいい。私はこのデジタルガジェットを著書『ゼロ』の考えを広める講演会「ミリオンセラープロジェクト」の書籍販売所で使おうと思案中。今まではインスタントカメラの『チェキ!』で撮影した写真にサインをして、POPの代わりに書籍前に置いてもらっていたのだが、こいつならスマホで撮影した画像をその場でプリントできる。フチ無し印刷だけでなく、チェキのように余白を作ることもできるのも素敵なところ。しかもスマホ上で写真にフィルタを掛けられるし、デコったり文字も入れられる。結婚式の二次会などで、未だにチェキ! を使っている場面などに遭遇するが、こいつがあれば必要なし。というか、むしろこいつのほうが便利なので、撮影直後に写真印刷をする必要があるときは使ったほうがいいかも。