WITH

ホリエモンWITH NewsPicks編集長・佐々木紀彦が語る ニュースキュレーションメディアの未来とは?後編2/2

ホリエモンWITH 堀江貴文 佐々木紀彦

News Picksは新たな価値を生み出し、世界一の経済メディアになる!

佐々木 あと、NewsPicksは海外ニュースのキュレーションを大事にしたいと思っています。外国メディアのニュースを紹介する『COURRiER JAPON(クーリエ・ジャポン)』のデイリー版みたいな感じにできればと。ちょっとハイエンドすぎると思うかもしれませんが、まずは良質な読者をたくさん獲得することが重要だと感じています。良質な海外のニュースに興味がある人は、コンテンツに対してお金を払ってくれる方が多いと思いますし。クーリエ・ジャポンの部数は2013年時点で8万部を超えていますので、海外の最新の情報を知りたい人は、それぐらいの人数はいるはずです。そして、もうちょっと利便性を上げれば10万とか20万人ぐらいのニーズがある気がするんですよね。

堀江 たとえば、カンボジアの経済レポートとかを入れるといいんじゃないですか。カンボジアって急成長が見込めるマーケットなので、ああいう国のリアルなレポート記事はけっこうニーズあると思いますよ。

佐々木 そうですよね。そういう意味では、SPEEDAからのマレーシアとかインドネシアの解説をNewsPicksに記事として活かせればと思います。

堀江 あとはメッセンジャー機能も大事ですよね。

佐々木 ……ああ。

堀江 この間、『UZABASE(ユーザベース)』の梅田優祐さんたちと一緒に香港に行ったんですけど、香港の投資家たちから「日本は社債とか国債とかのマーケットの情報がすごく少ない」って言われたんですよ。債権のマーケットって実はでかいんです。

ホリエモンWITH 堀江貴文 佐々木紀彦

続きは本日配信のメルマガでご覧いただけます。登録はコチラ

佐々木紀彦(Norihiko Sasaki)
NewsPicks編集長
1979年生まれ。慶応義塾大学卒業後、東洋経済新報社に入社。2007年、米国スタンフォード大学に留学。その後、『週刊東洋経済』編集部を経て、『東洋経済オンライン』編集長に。2014年からNewsPicks編集長。

Photograph/Edit=柚木大介 Text=村上隆保