WITH

世界100カ国以上で利用されている 脳トレアプリ「BrainWars」を開発。 トランスリミット高場大樹が考える グローバルにうけるアプリとは?後編2/2

ホリエモンWITH 堀江貴文 高場大樹

21世紀型の就業規則を作り、オープンソースにする

堀江 僕、今『755』っていうトークアプリをサイバーエージェントと一緒にやってるんですよ。サイバーのエンジニアって、みんなすごい優秀になりましたね。

高場 優秀ですよね、僕も中に居たのでよく分かります。ちなみに、私も755を使わせてもらってます。

堀江 ありがとうございます。

高場 AKB48の柏木由紀さんが「BrainWarsにハマってる」って言ってくださったり、乃木坂46のかなりん(中田花奈)さんやパンサーの向井慧さんが、BrainWarsのことをつぶやいてくださったりして、とても助かっています。

堀江 乃木坂46は、今度、755のCMに出ますよ。

高場 ああ、そうなんですか。

堀江 でも、そうやって広がっていくのがいいんです。たぶん、年内に1000万ダウンロードいくと思います。それに、継続率がすごくいいんですよね。

高場 芸能人がやっていると、ずーっとウォッチするユーザとか、「おはよう」とか「おやすみ」って声を掛けているユーザが多いですよね。

堀江 755は、Twitterとかよりも返信がかなり楽なんですよ。それがポイントですね。

ホリエモンWITH 堀江貴文 高場大樹

高場 今、一気に伸びてますもんね。

堀江 じゃあ、755でゲームができるように頑張りますよ。

高場 面白そうですね。実は堀江さんにちょっとお聞きしたいことがあって……。

堀江 何でしょう?

高場 トランスリミットを創業した際に就業規則を作ったのですが、とりあえず一般的なものをベースにして作りました。その就業規則をいま見直しているところなんですが、就業規則とか雇用の考え方って、ひと昔の考え方が色濃く残っていて、21世紀に合ってないんじゃないかなと思っています。そこで、何かこうした方が良いというようなアドバイスがありましたら聞かせてください。

堀江 僕も「これが正解」というものはあまり見えていないですね。どうなんですかね。でも“みんなが楽しく働ける”という方向に持っていくのが一番だと思います。結局、楽しく働いていないから不満が出るし、うまくいかなくなるのであって、そこを考慮する必要はありますよね。

高場 なるほど。実は、見直しをした後には、就業規則をGitHubの公開リポジトリ(一種のデータベース)で社外にも公開しようと思っているんです。誰もが参照でき、複製できるようなオープンソースにして、ベンチャーが就業規則を作る際のベストプラクティスになるようなものを作りたい。例えば、物品の購入などもかなり自由にしたいと思っています。僕らはエンジニアが中心の会社なんですけど、バランスボールを椅子がわりにしたり、立ちながら仕事したり、大きい画面を使いたいだとか、職場環境をハックしたいってメンバーが多いんです。そうした作業環境はできるだけ個人が自由にカスタマイズできるようにしたいとかですね。

ホリエモンWITH 堀江貴文 高場大樹

堀江 でも、エンジニアの場合は、ふつうの仕事とちょっと違うじゃないですか。

この続きは3/23(月)配信のメルマガで全文ご覧いただけます。登録はコチラ

Photograph/Edit=柚木大介 Text=村上隆保